資料

1. 畠瀬 稔(1971) 特身体接触を伴なう人間関係促進の一技法  

資料1
Article01.pdf
PDFファイル 1.5 MB

2. 小野 修(1971) 自分がよみがえった -エンカウンター・グループ-への参加経験  

資料2
Article02.pdf
PDFファイル 1.3 MB

3. カール・ロージャズ(1971) 学校組織の主体的改革のための計画  

資料3
Article03.pdf
PDFファイル 1.9 MB

4. 畠瀬 稔(1972) エンカウンター・グループについて:来談者中心療法の行動科学的発展

資料4
Article04.pdf
PDFファイル 1.4 MB

5. ユージン・ジェンドリン(1972) 体験グループ:グループのためのインストラクション  

資料5
Article05.pdf
PDFファイル 2.0 MB

6. 北島 丕(1976) 高校生のためのグループ・カウンセリング  

資料6
Article06.pdf
PDFファイル 7.0 MB

7. 増田 實・東山紘久・清水信介(1977) ラ・ホイヤ・プログラムへの参加経験  

資料7
Article07.pdf
PDFファイル 1.7 MB

8. 畠瀬 稔(1979) 企業における人間関係の改善について:エンカウンター・グループの導入

資料8
Article08.pdf
PDFファイル 801.3 KB

9. 渡辺 忠(1985) 職場のチーム・ビルディング:人間中心の組織づくりのために

資料9
Article09.pdf
PDFファイル 2.6 MB

10. ナタリー・ロジャーズ(1986) 母と私-鏡の中を覗いて:「生まれ変わる女」より  

資料10
Article10.pdf
PDFファイル 1.7 MB

11. 小野 修(1988) 子どもと共に成長する 親たちのグループ :援助者のためのマニュアル  

資料11
Article11.pdf
PDFファイル 4.0 MB

12. 小柳晴生(1988) エンカウンター・グループ 多数回参加者としての自己分析:参加体験と心的変容過程

資料12
Article12.pdf
PDFファイル 2.9 MB

13. エンカウンター・グループ・フォーラム(1998) :私たちの問いなおしと展望

資料13
Article13.pdf
PDFファイル 7.4 MB

お問い合わせ

ワークショップについては、各ワークショップの連絡先にお問合わせください。
ワークショップ以外の本研究会の活動に関する問い合わせは、2016・2017年度代表の永野まで問い合わせください。
ーーーー
2016・2017年度代表
永野浩二
office@encounter-group.org
アクセスカウンター